家事事件とは、離婚の問題や親子の問題など、家族・家庭内の間で起こる紛争や法的問題に関する事件をいいます。

離婚や別居に関する諸問題

家事事件の中で、特に比重の高い案件が離婚事件です。離婚を成立させるための主な手続きは、離婚協議・離婚調停・離婚裁判の3種です。

離婚の手続

(1)離婚協議
夫婦の話し合いにより離婚をする手続きが離婚協議です。夫婦の合意に基づいて作成された離婚届を市区町村役場に提出することで離婚が成立します。

(2)離婚調停
離婚調停は、公平かつ中立的な調停委員の関与の下で離婚の話し合いを進める手続きです。離婚調停の手続きにおいて夫婦の合意が整えば調停離婚が成立します。

(3)離婚裁判
離婚調停の手続きでも離婚が成立しない場合、離婚するために離婚裁判を提起するという方法があります。離婚裁判は、不貞行為(浮気)や悪意の遺棄といった法定の離婚原因がある場合に、家庭裁判所が強制的に離婚を成立させる手続きです。

手続 手続内容 合意の要否 家裁利用 法定離婚原因
協議離婚 夫婦の話し合いで離婚を進める手続き。離婚届の提出により離婚が成立する。   必要   不要   不要
調停離婚 家庭裁判所の調停委員の関与の下で離婚の話し合いを進める手続き。   必要   必要   不要
裁判離婚 法定の離婚原因がある場合に、家庭裁判所の裁判で離婚を行う手続き。   不要   必要   必要

ひびき法律事務所においては、離婚協議における交渉や離婚協議書の作成、離婚調停・離婚訴訟の追行などを業務として行っています。

離婚に関わる諸問題

離婚に際しては、離婚が認められるか否かといった問題のほか、婚姻費用や親権、養育費、財産分与等の問題が生じます。また、離婚に至らず、単に別居しているという場面でも、夫婦間における生活費(婚姻費用)の問題や、面会交流の問題が生じます。

その他、上記の他、内縁関係の解消や離婚後の親権者の変更などの問題も離婚と関連の深い問題です。

<離婚や別居(以下、「離婚等」という。)に関する法律上の諸問題>

婚姻費用 別居中の夫婦の生活費の分担を巡る問題
親権 離婚後の親権者を父母いずれにするかの問題
養育費 離婚後の非監護親が負担する未成年者の養育費用の問題
面会交流 非監護親と子どもとの面会に関する問題
慰謝料 不貞行為等、違法行為によって生じた精神的苦痛の賠償に関する問題
財産分与 夫婦で形成した共有財産等の清算に関する問題
年金分割 法律上の夫婦であった期間中の年金(記録)の分割に関する問題

ひびき法律事務所では、上記の様な離婚等に関する諸問題を解決するための法的支援を業務として行っています。

離婚等以外の家事事件

また、家事事件には、離婚等に関する事件の他にも、たとえば次のような事件があります(※遺言・相続及び後見などに関する事件はここでは除く。)。

<家事事件の例>
・子の認知に関する事件
・親子関係の存否を巡る事件
・養子縁組に関する事件
・失踪者・不在者財産管理人に関する事件

これらの家事事件に対する法的対応もひびき法律事務所の業務の一つです。

ひびき法律事務所(北九州)では

離婚問題をはじめ、上記の様な家事事件に関する問題を適切に解決するためには、各種の実体法上の制度や手続的な仕組みに関する法的知識が必要不可欠です。

また、家事事件においては、各家庭に存在する事情が、文字どおり千差万別です。

そこで、ひびき法律事務所では、各種家事事件の解決に向けて、各ご家庭のご事情を把握し、また、相談者・依頼者側のご事情・ご意向に適した法的なアドバイス・手続追行(離婚調停や離婚訴訟等)を行うことを心がけています。

家事事件・家庭内の法的問題にお悩みの場合には、一度ひびき法律事務所の弁護士までご相談ください。

以上